MacのスクリーンキャプチャはMonosnapがキャプチャ、編集、S3へのアップロード全て快適で最高だったのでSkitchから乗り換え

MacのスクリーンキャプチャAppをSkitchからMonosnapに変更しました。キャプチャと編集とS3へのアップロード全て快適で、非常に満足しています。

Macでスクリーンキャプチャをする時、僕は昔からSkitchを使っていました。Skitchがハートマークだった頃から使っています。

『キャプチャ→編集→ドラッグ&ドロップで即ファイルエクスポート』 の流れが気に入っていて、そのままGitHubのissueとかチャットに貼り付け(ファイルアップロード)できるのが便利でした。

しかし、最近どんどん重くなって(前から軽いソフトではなかったけど)、ドラッグ&ドロップした時に空白のページになったり、前のキャプチャが生成されたりと、あまり良い使い心地ではなくなってきました。

加えて、上の一連の流れにプラスして、ブログなどのために 『キャプチャ→編集→S3アップロード』 ということをしたくなりました。

S3にアップロードするためのAppで良いのがないか調べていたところ、Monosnapとい今の僕がやりたい事を全て叶えてくれるAppがありました。

編集もできるし、即ファイルエクスポートとS3のアップロードもスムーズに

MonosnapはSkitchみたいにキャプチャをしたら簡単なエディタが開き、ドラッグ&ドロップもできるし、直接S3にアップロードする機能もあります。

S3の設定はPreferencesを開いてAccountのAmazon S3にあります。ここを設定しておけば、キャプチャー後に右上のUploadボタンを押せばサクっとアップロードしてくれます。

Generalのこの辺をうまく設定すればUplaod後に通知が飛んでくるので、クリックで即クリップボードにコピーなどできます。

これで、快適なキャプチャー生活が送れそうです😄📷

Monosnap(//monosnap.com/welcome)