Bearというマークダウンエディタを気に入ったのでサブスクライブしてみました

ここ数日マークダウンで書けるネタ帳みたいなものがないかなぁと探していたところ、以前はなんかしっくりこなかったBearというエディタをあらためて触ってみたら、よくできていたのでサブスクライブして使ってみることにしました。

本当はEvernoteが最強(OCRもできる機能も豊富)なのですが、Evernoteは兎にも角にも重いのが駄目でした。こう、エディタってなんで重くなっていくんですかね。最近はCotEditorですら重い……。いろいろBoostnoteやApple標準のメモなど使ってみましたが、なんかどれもしっくりこない。

で、Bearを触ってみたら「お、なんかいいぞ」と。

気に入った点はまず軽量であること。そして、コードブロックによるシンタックスハイライトができること。そして、タグの管理が非常に考えられていることでした。

#のあとに続けて文字列を入力することでカテゴリー(タグ)を作ることができ、/を挟むことによって下位カテゴリーを作ることができる。

それがサクっとサイドバーに反映され、記事のリストから記事をドラッグアンドドロップでカテゴリーを移動できる。

リンクを自動的にタイトル取得でき、さらにエディタ内のリンクも作れて非常にサクサク動く。

新規記事の作成とかもショートカットでとりあえずサクっと作り、それが現在のカテゴリーで生成できるし、それらの動作の快適さがMacのAppっぽく、めちゃくちゃ気持ち良い。

そうそう、MacのAppってこういうApp。使っててちょっと「❗💕」ってなる体験が僕がMacを愛する理由。久々にこの感覚になったかも(エンジニアよりのことするようになって、もっぱらターミナルとエディタばかり起動してたからだなw)。

あと要望として⌘+Returnで次の行へ改行みたいな今どきのコードエディタみたいな動作ができればいいなぁと思います。フィードバック送っておこうかな。

それでは。