オリガ・モリソヴナの反語法(米原万里)を読んだ感想

悪童日記、ふたりの証拠、第三の嘘で衝撃を受けて以来、ぼくは完全に戦時下の一般市民視点・あと世界史や宗教の本を漁り、読んでいます。読んだストックがちょいよ溜まってきたので、ブログに書いていきます。

『オリガ・モリソヴナの反語法(米原万里)』のレビューを書きます。

1960年、チェコのプラハ・ソビエト学校に入った志摩は、舞踊教師オリガ・モリソヴナに魅了された。老女だが踊りは天才的。彼女が濁声で「美の極致!」と叫んだら、それは強烈な罵倒。だが、その行動には謎も多かった。あれから30数年、翻訳者となった志摩はモスクワに赴きオリガの半生を辿る。苛酷なスターリン時代を、伝説の踊子はどう生き抜いたのか。感動の長編小説。オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫) | 米原万里 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon

1960年、つまり第2次世界対戦後の冷戦時代の小説です。といっても、大人になってから回想を交え、過去の謎を探求する流れなので、サスペンス仕立てになっていて非常に読みやすい本でした。

しかし、読みやすいは簡潔という意味ではありません。濃密、濃厚、重厚、圧倒といった言葉がぴったりです。読み終わったあと、こんなスケールの大きい話なのに、よくキレイにまとまったな……という感想でした。

フィクションとされていますが、フィクションという体だから書けるノンフィクションというか。冷戦のとりわけ過激なスターリン時代のことが非常に生々しく書かれています。これは作者の米原万里さんが見聞きした実際のソ連をベースに書かれたのだと思います。

というもの、あとがきで「オリカ・モリソヴナは実在した人物」って書いてあり、本文にでてくる嘆願書も実際にあったそうです。

米原万里さんの作品は今まで読んだことがなかったのですが、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』という代表作と『打ちのめされるようなすごい本』をいつか読みたいと思います。

それでは。