t4traw.net

GitHub Actionで環境変数を使う方法

GitHub Actionで環境変数を使う方法

CI、昔はwerckerやCircleCIなど使っていましたが、基本的なCIはもうすべてGitHub Actionに移行しました(個人のgemのCIはまだTravisCIを使っていますが)。

Firebaseなどのinit時にサクっと作ってくれるし、configも分かりやすくてGitHub Action大好きです😆

で、そのGitHub Actionですが、しばらく設定しない期間があると忘れるのが環境変数です。GitHubのリポジトリ設定にあるSecretを設定したら、もうGitHub Actionでその環境変数を使える気になっちゃって、いざ環境変数を使うシーンでうまく動かず、「あれ?あれ?」となんどもymlファイルを見直すという事をしてしまいます😓

まずGitHubのSettingsの中にあるSecretsで、新しく環境変数を設定します。

で、このままではGitHub Actionで使えません😂

ymlファイルで呼び出してあげる必要があります。たとえばFOO_BAR_KEYという環境変数で、Secretsにも同様の変数名で登録した場合

      - name: Run test
        run: npm run test
        env:
          RAILS_ENV: test
          STAGE_ENV: test
          POSTGRES_USER: postgres
          POSTGRES_PASSWORD: postgres
          FOO_BAR_KEY: ${{ secrets.FOO_BAR_KEY }}

これでENV["FOO_BAR_KEY"]などが使えるようになります😌

RAILS_ENVなどもこの形で書いておくと分かりやすいですね!

それでは🤟