t4traw.net

とある地方中小企業に16年勤めた一人情シスの退職エントリー

とある地方中小企業に16年勤めた一人情シスの退職エントリー

幾度となく見てきた退職エントリー。自分がこの記事を書く時がくるとは思わなかったな。

高校を卒業してIllustrator, Photoshop, html, cssができるという事から、地元企業のウェブ通販事業立ち上げに参加し、そこでjavascript、phpなどを触っていたらrubyに出会い、色々なアプリケーションを作ったり。WEBディレクター的な事をやりつつ、一人情シスみたいなITなんでも屋さんをずっとやっていました。

その16年勤めた会社を3月いっぱいで退職し、4月から新しい会社へジョインする事になりました。転職後のエントリーはこれから色々と書いていきたいと思います👏

今日は思い出と退職に関する事だけ書きたいと思います。

自分が会社に入った時は、通販を立ち上げるための技術基礎知識、ウェブマーケティングや戦略、データベース設計など、素晴らしい知識をもった先輩方がいて本当にたくさんの事を学ばせていただきました。無理なスケジュールなど言われず、ロードマップを作り、大変な事もあったけど、チームの目指すべき目標のためにみんなが努力する素晴らしい環境でした。

しかし徐々に上の人から辞めていき、5人が3人になり、そこからなんとか2-3人を維持しながらやっていたのですが……。

7年前ついに僕一人になり、社内で運用しているサイトすべての管理・更新をしていかなくてはならなくなりました。

そこからは業務を回すために文字通り必死でした。

この頃社内のいろいろな思惑と政治があり、好き勝手に増えていくシャドーITや、預かり知らないドメインとサイトが複数あり、売上が増えていくにつれて膨れ上がるメールでレンタルサーバーからスパム警告がきたり……。少し前に入っていた人の管理ツールが全然動かなかったり……。

自分は自分で増え続ける膨大な商品情報データを夜の10時近くまで作成する生活をし、それが終わったら少しずつ改善をする……。今みたら明け方の4時とか6時にcommitしてた……w

社内では「社畜ですね」と笑われ、実情は誰にも理解されず、孤独にコードを書き続けていました。ちなみにこの頃タイムカードはありませんでした。

そんななか、入社した新人が僕の現状を理解してくれて、普段の業務を助けてもらい、サイトをより効率よく更新するためのビルドツール導入、メルマガの効率的な運用、商品管理アプリケーション開発、画像生成ツール開発、価格情報更新ツール開発、社内業務の自動化……。無法化していたITのルール化やドキュメントの整理。色々な事を改善・開発・運用して……。

ぐちゃぐちゃになっていたシステムや技術部分を1から再構築し、それらを今後安定して運用できる形へするのに5年近くかかりました。

しかしここからがまた難しく、開発したアプリケーションを触れるのが僕しかいない。つまり、エンジニアが居ない状態でした。

いろんな意味で地方ゆえにエンジニアの採用が難しい……。なので僕自信も教えるという事を学ぶために副業で講師をして学び、僕を信じてくれた後輩になんとかコードについて教え、必要な技術基盤も用意しました。

さあこれから。やっと。ここにくるまで、本当に長い時間がかかりました。ようやく色々な事ができるようになる。

僕はブログが好きなので、だいぶ遅れたけどオウンドメディアなどのマーケティングをメインでやりたいな。あとサービス開発もやっていこう。ウェブ戦略をこれからちゃんと作ってがんばっていける。何か他に社内でやりたい事があったらできると自信をもって言える。

……そんなタイミングで、突然経営者から呼び出され、

自分と関係ない理不尽な事でガン詰めされ

「お前は経営に参加してこないヤツだ」

「ITに関する事は専門家なんだから、○○はできていて当然だ」

「売り上げに関するまともな提案をしてこない」

「まるで部外者みたいな顔してる」

「売上の構成比すら答えられない大馬鹿者だなコイツは」

と怒鳴られたのでした。


元々技術的なことはまったく分かってもらえないし、現状がどうなっているかなどはずっと理解してもらえてなかった。

それでも、僕を拾って教えてくれた先輩方、信じてくれた仲間、僕の社内政治の弱さゆえ正社員にしてもらえなかったWEBデザイナーの後輩、辞めた後も僕が助けてほしいと声を書けたら戻ってきてくれた友達、僕のために面倒な事は私がやるから頑張ってくださいと支えてくれた後輩。たくさんの人とコードの思いを守りたかったから、頑張ってきました。

でも、正直、もうボロボロでした。

僕を唯一助けられる後輩たちは他の業務に平気で奪われるし、そもそもボトムアップといえば聞こえはいいかもしれませんが、会社としての方向性が分からないまま、各々の部署が経営層の顔色を伺いながら仕事をする。

僕はこれからずっとここで経営層が心地よくなるような事を言い、突然呼び出されて分けのわからない事で怒られながら過ごしていくのかな?

と思ったら、

……心が折れてしまいました。

元々やりたかった、人の役に立つ、何か未来のためになる仕事で僕は命を使いたい。年齢的にもこれがラストチャンスだと思い、タイミングもあって退職する事を決意しました。目の見えない人のために色々やりたい事があって。本当はもっと頑張りたかったんだけどなぁ……。


というわけで、フリーにはなるつもりは無かったので、4月から新しい会社で働く事になりました🚀

友達や後輩、生徒さんに「次は何書くんですか?」と聞かれることが多いので、先にそれだけ書いておくと、次もRubyです🤟

今後も新しいRubyに関する事や、最近よく遊んでいるTypeScriptの記事などを書いていきます😆 また、転職の時の色々あったことも記事にしていけたらと思います。

それでは👋