t4traw.net

メモはもうMac標準のメモでいいかも

メモはもうMac標準のメモでいいかも

ちゃんとメモを取っている後輩からは全然メモ残してくれてない!とよく怒られていますが、実は結構メモアプリやノートアプリを試すのが好きです。

今までプレーンテキスト&Dropbox、Evernote、Bear、Notion、Trello、GoogleDocsなど色々試してきましたが、新しい職場になって今一番使っているのはApple標準のメモです。最近はもう「メモ」というのはこれでいいかもと思っています。

まず僕がメモに求める条件が

  • 軽量
  • Markdownで書ける
  • バックアップ・同期が可能
  • ホットキーで呼び出しができる
  • サクっと画像が貼り付けられる

主にこんな感じだった。なかなかすべてを満たすアプリケーションがなく、Bearは同期機能を使うと有料だし、メモ一覧の視認性が悪かったり。Notionはテンプレート機能が超優秀だけどちょっとした時に動作が重かったり不具合があったり。

ブログのメモと作業メモが主だったから、まあ適当で良いかと思ってたんだけど、転職してちょっとメモを残したい事が増えた。

で、いつからかMacの標準メモが画面右下から呼び出す事ができるようになり、さらにホットキーでも呼び出しができるようになっていた。

標準のメモ帳は本格的なMarkdownエディターではないのだけど、「- 」とか「1. 」で始めたらリスト化してくれるし、「# 」でタグも作れる。画像の貼り付けもドラッグアンドドロップでできるし……あれ?これ良くない?

バックアップはApple純正なのでiCloudで同期しているし、機能の進化も保証されているような物。何より軽量なのが良い。「とりあえず書き始める」という事にフォーカスしている。

本格的にドキュメントを書く時はVSCodeなりMarkdownエディターを使うので、メモはこれでいいや。

というわけで、しばらく

  • Editaro: SlackやGitHubの下書き
  • 標準メモ: 作業時のログやちょっとした文章
  • VSCode: ブログやドキュメント

みたいな感じで過ごしてみたいと思います。